東京大学医学部附属病院 病院機能指標 2020年度

財務指標

関連項目 95、96、97

指標の解説

項目95
現金収支率(病院セグメント)
現金ベースでの経営状況を表す
項目96
業務損益収支率(病院セグメント)
毎期反復して行われる経常的な活動に伴う収益と費用の関係を表す
項目97
債務償還経費占有率
収益に占める(施設整備)債務償還経費の割合を表す

当院の実績と全国平均値との比較

指標 項目 掲載値 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
現金収支率(病院セグメント) 95 当院 95.6 99.1 98.7 100.6 102.9
平均値a 101.1 100.6 101.2 100.9 101.6
業務損益収支率(病院セグメント) 96 当院 103.9 103 97.3 99.7 103.1
平均値a 102.4 102.3 102 101.7 102.8
債務償還経費占有率 97 当院 10.5 9.1 7.9 7.3 4.3
平均値a 7.6 7 6.4 5.8 5.4
a:医学部と歯学部を合わせた44国立大学附属病院

当院の自己評価

項目95
現金収支率(病院セグメント)
現金ベースでの経営状況を表す
現金収支率(病院セグメント)
↑ 高いほど良い

現金収支率(病院セグメント)グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
会計年度1年間の、現金収支率です。決算時に文部科学省へ提出する補足資料様式7「年度収入・支出決算額調書」のうち「附属病院セグメント」に記載した値から算出します。
現金収支率(病院セグメント)=(収入金額(※1)÷支出金額(※2))×100
(※1)収入金額=前年度繰越計+収入計-期末目的積立金等
(※2)支出金額=支出計+期末運営費交付金債務+引当金増減額
単位
項目96
業務損益収支率(病院セグメント)
毎期反復して行われる経常的な活動に伴う収益と費用の関係を表す
業務損益収支率(病院セグメント)
↑ 高いほど良い

業務損益収支率(病院セグメント)グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年度1年間の、業務損益収支率です。財務諸表(損益計算書)の経常収益、経常費用から算出します。(別院がある病院については、別院も含みます。)
業務損益収支率=(経常収益÷経常費用)×100
単位
項目97
債務償還経費占有率
収益に占める(施設整備)債務償還経費の割合を表す
債務償還経費占有率
↓ 低いほど良い

債務償還経費占有率グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年度1年間の、債務償還経費占有率です。以下の式で算出します。
下記のa+b
a:(施設整備債務償還経費(PFI活用も含む)÷診療報酬請求金額)×100
b:(設備整備債務償還経費(PFI活用も含む)÷診療報酬請求金額)×100
単位
戻る