東京大学医学部附属病院 病院機能指標 2020年度

病院機能指標のページについて

このサイトは、病院機能指標を分かりやすく公開し、広く社会にアピールすることを目的に、東京大学医学部附属病院が東京大学医学部附属病院 国立大学病院データベースセンター(以下「DBC」という。)に委託して運営しているものです。委託している国立大学病院では、各大学病院のサイトからリンクを張って利用しています。
病院機能指標とは、国立大学病院長会議常置委員会により、各国立大学附属病院が自主的・主体的に①国立大学附属病院の機能の質向上を図り、②取り組み状況や成果を社会にアピールすることを目的に定めた指標です。
各国立大学附属病院では、毎年度本評価指標を公表するとともに、評価結果を検証することで病院における課題を明らかにし、積極的に改善に取り組むことで、更なる診療の質の向上を目指しております。

プライバシーポリシー

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはデータの収集のためにCookieを使用しています。このデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。

著作権

当サイトおよびそのコンテンツに関する著作権は、特段の記載がないかぎり、DBCに帰属します。

当サイトへのリンクについて

当サイトの各ページへのリンクはフリーですが、DBCが運営する東京大学医学部附属病院の病院機能指標公開ページであることを明記してください。リンクするにあたって事前のご連絡は不要です。また、下記のような形でのリンクはお断りいたします。
  • 当サイトにリンクすることにより当院やDBCと特別な関係があるように見えるもの
  • 営利目的であるもの
  • 当院またはDBCの信用を損なうようなもの
  • 違法のおそれ、または公序良俗に反するおそれのあるサイトからのリンク
  • 他のホームページ中に組み込まれるようなリンク設定
  • 当サイトの内容を他のコンテンツと組み合わせて表示する方法
  • 当サイトの内容が単独で表示される場合であっても、リンク元のホームページの一部として表示される方法
  • その他、当院のウェブサイトであることが不明確になるような表示方法
※必ず別のブラウザが開いて当サイトが表示される形でリンクを設定してください。

なお、予告なくURLおよび内容を変更することがありますので、あらかじめご了承ください。

ウェブアクセシビリティ方針

ウェブアクセシビリティとは、「高齢者や障がい者など心身の機能に制約のある方でも問題なく、インターネットを通じて提供される情報を利用できること」です。「JIS X 8341-3:2016高齢者・障がい者等配慮設計指針−情報通信における機器、ソフトウェアおよびサービス−第3部:ウェブコンテンツ」に対応することを目標とし、アクセシビリティの確保と向上に取り組んでまいります。

視覚バリアフリーの対応

色覚多様性であることを踏まえ、各見えやすい色合いと見えづらい色を意識し、できるだけ皆様にわかりやすい色合いを心がけて作成いたします。

音声読み上げソフトへの対応

音声読み上げ機能を利用すると、キーボード、マウスの操作により指定した位置にある文章を合成音声で読み上げることが可能になります。 そのため、視力の弱い方や、目の不自由な方でもコンテンツを閲覧いただけます。
  • レイアウト目的の表組を使用しません。
  • 読み上げに不適当な機種依存文字を使用しません。

(補足)上記の指針に基づき、サイトを制作していますが、レイアウトの都合上、表を読み上げる順番が一部非対応である場合や、一部の読み上げソフトによっては、うまく読み上げられない場合があります。

対応ブラウザ

当ページをご覧いただくには、以下のような環境を推奨いたします。

デスクトップ用

Edge:最新バージョン
Google Chrome:最新バージョン
Mozilla Firefox:最新バージョン
macOS版 Safari:最新バージョン

スマートフォン用

Android版 Chrome:最新バージョン
iOS版 Safari:最新バージョン

※これら推奨ブラウザ以外でご覧いただく場合、画面の一部が正しく表示されないことがあります。
戻る