東京大学医学部附属病院 病院機能指標 2020年度

対応言語など関連指標

関連項目 73、74、75、77

指標の解説

項目73
自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く)
病院窓口で対応可能な日本語以外の言語数
項目74
院内案内の表示言語数(日本語を除く)
病院内での案内表示における日本語以外の言語数
項目75
病院ホームページの対応言語数(日本語を除く)
病院のホームページにおける日本語以外の対応言語数
項目77
海外大学病院及び医学部との交流協定締結数
海外大学病院及び医学部との交流のための枠組みを整備し、協定を締結した数

当院の実績と全国平均値との比較

指標 項目 掲載値 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く) 73 当院 000 8 17
平均値b 2.2 4.4 6.2 11.3 18.1
院内案内の表示言語数(日本語を除く) 74 当院 4 4 4 1 1
平均値b 0.9 0.9 1.1 1.1 1.1
病院ホームページの対応言語数(日本語を除く) 75 当院 68 67 67 67 67
平均値b 2.6 2.6 2.6 2.8 2.9
海外大学病院及び医学部との交流協定締結数 77 当院 -0000
平均値b - 6.7 7.2 7.9 8.1
b:医学部附属病院(42大学)

当院の自己評価

項目73
自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く)
病院窓口で対応可能な日本語以外の言語数
自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く)
↑ 高いほど良い

自病院で総合窓口での患者対応が可能な言語数(日本語を除く)グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年6月1日時点での、自病院で総合窓口での患者への対応が可能な言語数(通訳業務委託,ボランティアによる通訳サービスなどを含みます)です。
なお、中国のように北京語、広東語など複数の言語を使用する場合でも、言語数は1(中国語)でカウントしています。
カ国語
単位
項目74
院内案内の表示言語数(日本語を除く)
病院内での案内表示における日本語以外の言語数
院内案内の表示言語数(日本語を除く)
↑ 高いほど良い

院内案内の表示言語数(日本語を除く)グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年6月1日時点での、院内案内の表示言語数です。院内案内とは、案内板や看板によるものを指します。
なお、中国のように北京語、広東語など複数の言語を使用する場合でも、言語数は1(中国語)でカウントしています。
カ国語
単位
項目75
病院ホームページの対応言語数(日本語を除く)
病院のホームページにおける日本語以外の対応言語数
病院ホームページの対応言語数(日本語を除く)
↑ 高いほど良い

病院ホームページの対応言語数(日本語を除く)グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年6月1日時点での、病院ホームページ(トップページ)の対応言語数です。
カ国語
単位
項目77
海外大学病院及び医学部との交流協定締結数
海外大学病院及び医学部との交流のための枠組みを整備し、協定を締結した数
海外大学病院及び医学部との交流協定締結数
↑ 高いほど良い

海外大学病院及び医学部との交流協定締結数グラフの値は当院の実績と全国平均値との比較の表内にも記載しています。

項目の定義・算出方法
各年6月1日時点での、海外大学病院及び医学部との交流協定の締結数(その他、病院が主体部局である大学間交流協定を含む。)です。
単位
戻る